安心のドル現物資産!投資に最適なロサンゼルス不動産

About Los Angeles

米国ロサンゼルス不動産が
おすすめの理由

安心のドル資産

カリフォルニア州は
GDP世界5番目に相当

災害リスクが
少ない

米国は中古市場が
成熟している

米国の住宅市場はサブプライムローン問題が発覚するまで高い伸びを見せていたものの、リーマンショックが起こると経済状態の悪化とともに不動産価格も大きく下落しました。そんな中カリフォルニア州の中古住宅市場は、2011年後半には底を打ち上昇局面に移行。この回復力は、非常に注目すべきポイントです。 現在は、リーマンショック前のピーク時の価格よりも高い水準で推移しており、カリフォルニア州の不動産価格の伸び率を認識できます。

住宅価格上昇の主な理由に人口増加があります。 カリフォルニア州の人口数は約4000万人で全米第1位、増加率も右肩上がりに上昇しています。これは米国が移民国家であることに加え、様々な産業が活発なことにより高いGDPを誇るからです。 特にロサンゼルスでは企業誘致を積極的に行っており、日系企業を含む多くの企業が参入することで雇用数の増加に繋がっています。 結果この人口増加×経済力が住宅価格を上昇させているのです。

ロサンゼルスの特徴

世界で最も不動産投資に適した都市
ロサンゼルス

シュローダー・インベストメント・マネジメントの発表(2019年)によると、ロサンゼルスが「世界で1番不動産投資に適した街」に選ばれました。これは、GDP、人口増加率、教育レベルなどから算出されています。 マーケットの規模や経済力はもちろんのこと、一つの産業だけに依存しないという点も大きな理由でしょう。不動産投資はいかにリスクヘッジをするかが重要だと考えられます。 しっかりと場所の選定をし、出口まで見据えた賢く堅実な投資をしましょう。

新たなテックシーンとして飛躍する
シリコンビーチ

ロサンゼルスに誕生した、スタートアップの聖地とされる街。ベニスビーチやサンタモニカの周辺エリアで「シリコンビーチ」と呼ばれています。 Google、 Microsoft、Apple、Youtube、Facebookなど名だたる企業をはじめ、将来有望なスタートアップ企業が多数拠点を置くことで、新たなオフィススペースや住宅の需要が上昇しています。元祖ITの聖地サンフランシスコに比べ家賃や生活費が低コストなことが魅力でしょう。 世界中の起業家や投資家から注目のシリコンビーチ、今後もますます目が離せない大注目のエリアです。

流動性の高さから
キャピタルゲインを狙う

不動産市場において日本は新築物件が70%を占めますが米国では80%が中古物件です。ロサンゼルスは建築許可が下りにくいことや認可までの時間を有することから、中古物件を修繕し住み続ける習慣が主流です。このDIY文化が中古物件価格の押上げと流動性の高さに繋がることで、キャッシュ化のしやすさとキャピタルゲインが狙えるのです。 また、南カルフォルニアの気候は乾燥していて建物の長期保有にも適しており、不動産価値の維持が可能となります。

2028年オリンピック開催予定地

過去開催地における多くの都市でオリンピック開催決定後のGDP上昇が見られます。 これはインフラの整備や関連事業の活性化、人口流入、観光収益増加によるものが起因しており、それに比例して不動産価格も上昇もしています。 東京2020オリンピックも例外無く東京圏での不動産価格上昇が顕著であり、高い経済力を持つロサンゼルスではより大きな好影響が期待できるでしょう。

成熟された透明性の高い中古流通市場

米国の中古不動産市場は日本に比べて流動性が高く、その理由は住宅に対する捉え方の違いによるところが大きいといわれています。
日本では大量生産・大量消費という形で経済成長を遂げてきた時代の名残から、住宅文化の根底には古くなったら壊して建て替える「スクラップ&ビルド」の考えが未だに根強くあります。
対して米国では「手を加えながら長く住まう」という思想が根付き、築数十年から100年もの物件が当たり前のように流通。市場で売買される住宅の約9割が中古物件だというデータもあるほどです。
さらに中古売買が中心であることによって、過去の所有者情報や取引事例などが簡単に調べられるようになっており、誰もが安心して取引を行うことができる透明性が保たれていることも、中古不動産市場のさらなる活性化に繋がっています。

なぜ、海外不動産への分散が必要なのか?

ジャパンリスク

日本を取り巻く状況は、少子高齢化、災害リスクを常に抱え、将来に不安を抱える状況です。将来への不安から資産形成の重要性がますます高まる中、金融視線よりも安心感のある実物資産を国内で所有されている方も多くいらっしゃいます。しかし少子化がもたらす将来は、資産の目減りを招く不安を抱えております。円以外の投資先を「安定」を軸に考えた場合は、世界の基軸通貨であるドルがその中心になります。政治的・経済的にも安定しており、日本人に人気の高いリゾート地ハワイの基軸通貨もドルということでハワイ不動産を投資される日本人の割合が多いのも事実です。しかし、ハワイ州は人口や不動産市場規模も小さく、安定こそあれ投資の効果は限定的であるとも言えます。そこで米国でも、市場規模の大きい、地政学的にも日本からの距離も近い、アメリカ西海岸ロサンゼルスは、まさに、日本人にとって格好の投資先となるのです。

少子高齢化
災害リスク
税負担

資産
ポートフォリオ
の見直し

円とドルの
見直し

金融資産から
実物資産へ

Commercial real estate in Los Angeles

ロサンゼルスの商業不動産で
インカムゲインを狙う

商業不動産は、全米チェーンのスポーツクラブ、ドラッグストア(クスリや/化粧品店)、銀行、スーパーマーケット、スターバックス、100均ショップ、そして家族経営の店まで多岐にわたります。 区分タイプのものから大型の商業施設など種類は豊富にありますが、この様な所業不動産は一般的には流通しておりません。
私どもは、ロサンゼルスの商業不動産の取扱経験の豊富なスタッフが情報を日々収集しております。 お客様のニーズに合わせたエリアと物件選定のお手伝いを行います。

Recommend Area

注目のエリア
「オレンジカウンティ」

ロサンゼルス大都市圏の一翼を担うオレンジカウンティは都心部へのアクセスも良好で、日系企業も数多く進出。加えて教育面での評価が高いこと、高校までの授業料が無料であることなどから、特に学校周辺を中心に人気の住宅地が集積しています。

Orange County by the Numbers

1st

最初の
医療製造業

1st

最初に交通機関の
革新と計画的に
開発された

2nd

カリフォルニアで
2番目に大きい街

3rd

アメリカで3番目に
多い技術部門

2.8%

失業率
2.8%

5th

米国で5番目に
多くの教育を
受けた郡

6th

米国で6番目に
人口が多い郡

オレンジカウンティの特徴

学校区が良い

米国では住み替えの際に最も重要視されることが多い「学校区」。 なぜなら高校までの義務教育の期間は学費が無料のため、よりレベルの高い教育を受けさせたいと考えるからです。全米中の各小~高校が10段階評価をされており一般にも公開されています。 カリフォルニアは高評価(8以上)の割合が多いのですが、なかでもオレンジカウンティのアーバインは全米トップクラスです。 良い教育を受けさせるために高所得層が集まりやすいため、不動産価格が保たれやすく街の治安や住環境が良好という傾向にあり、安定した不動産価値を維持できるといえます。 また、ファミリー層は子供たちが卒業するまでの中長期で居住をするため定着率もよく、空室リスクが下がり安定した賃貸稼働が見込めます。 不動産投資だけでなく移住を考えている方も外せない大事なポイントでしょう。

治安の良さ

全米屈指の治安の良さを誇り、モーガン・クイットノー社が毎年調査を行う「歴代治安のいい都市」でも、オレンジカウンティの3つの市が10位以内に入っています。 1位は米国のサーフィン発祥の地であるハンティントンビーチ、2位は中心地であるアーバインです。 ディズニーランドの本拠地やエンジェルスタジアムなどレジャー産業が盛んなことや、日系企業の海外拠点があり日本人も多く住む人気のエリアです。 海外で不動産を購入する際は治安の良さも大事なポイントですが、ここオレンジカウンティは申し分がないと言えるでしょう。

Seminar Information

ロサンゼルス不動産セミナー情報

Contact

お問い合わせ

必須項目とお問合せ内容をご記入してください。

お名前
ご連絡について
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ種類
お問い合わせ内容

ファミリーロサンゼルスリアルティ

現地の情報提供と取引において発生する業務のサポートを現地エージェントと連携して
安心できるお取引を実現いたします。

TOKYO

株式会社ファミリーエージェント 海外事業課
〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 11F
東京都知事(1)第99601号

CALIFORNIA

Family Los Angeles Realty, INC.カリフォルニア州法人
400 Spectrum Center Drive, 19th Floor, Irvine, CA 92618
DRE #02106342

入力内容の確認

お名前
ご連絡について
メールアドレス
電話番号
お問い合わせ種類
お問い合わせ内容
修正する

個人情報の取扱いについて

このプライバシーステートメントは当社が運営する、https://family-la.net/(以下「当ウェブサイト」と記します)、または、当ウェブサイト以外の当社の活動において、お客様の個人情報がどの様な方針で、取得、利用、管理されるかについて定めたものです。
株式会社ファミリーコーポレーション(以下「当社」と記します)は当ウェブサイトをお客様に安心してご利用頂くために、お客様からご提供して頂く個人情報の保護についての法令を遵守し、適正な取得、利用、管理を社内において徹底する事がもっとも重要であると考えています。当社にお客様の個人情報をご提供頂く際には、このプライバシーステートメントを十分にご理解頂き、同意を頂ける場合に限って個人情報をご提供頂きます様お願い申し上げます。

個人情報取扱事業者
株式会社ファミリーコーポレーション代表取締役 冨吉範明
主たる事務所
〒104-0061 東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 11F

【個人情報取扱の安全対策について】
個人情報の安全対策 お客様より頂戴する個人情報については安全に管理・運営するよう鋭意努力しております。
個人情報の紛失・毀損・破壊・改ざん・漏洩・社外への不正な流出などへの危険防止に対して社内では合理的かつ適切な安全対策を行っております。
また、個人情報の取り扱いについて情報管理責任者の設置、アクセス権者の特定等、個人情報の適切な管理に努めるとともに、個人情報の取り扱いに関する社内規程を定めております。また定期的に、個人情報保護の重要性を理解・共有する為の社員教育・研修会を開催し、従業者への周知徹底を実施しています。
【個人情報について】
個人情報とは、お客様のお名前、ご年齢、お電話番号、E-Mail アドレス、ご住所、その他お客様から提供を受けた情報のうち、1 つまたは複数を組合わせることにより、お客様個人を特定することのできる情報をいいます。
【個人情報の利用目的について】
当社は、個人情報を次の目的の範囲でのみ使用します。また、お客様に個人情報を提供いただく場合には事前にその使用目的を通知、または公表するものとします。

1.お客様に関して
お客様からのお問い合わせへの対応
お客様からご請求のあった資料の送付
サービスや物件、商品に関する情報提供やご提案
新規事業や新規サービス、新商品のご案内や情報提供
お客様がお申込みになったサービスなどのご提供及び確認、ご案内をするため
各種イベント、キャンペーン等のご案内
メールによるお知らせや情報誌、メールマガジン等の送付
ダイレクトメール等の送付
お客様に対するアンケートとその分析
提供中のサービス等に関する業務上の連絡
その他、なんらかの理由でお客様と接触する必要が生じた場合
2. 当社の採用情報に登録いただいた方々に関して当該個人情報は、採用活動に関するご案内やご連絡にのみ利用致します。
【個人情報の第三者への提供について】
お客様の個人情報は、裁判所、警察、またはこれらに準じた権限を持った機関から合法的な要請があった場合は、これに応じて情報を開示させて頂く他、上記「個人情報の利用目的について」に記されている、利用目的の達成に必要な範囲で、書面・郵便物・電話・インターネット・電子メール・広告媒体等で第三者に提供されることがあります。
なお、ご本人からの申し出により第三者への提供は停止致します。

「個人情報提供先例」
1)不動産の販売における事業主、代理会社、媒介会社
2)不動産の売買・賃貸の代理・仲介および月極駐車場等における契約の相手方となる者、その見込者、他の宅地建物取引業者、広告掲載業者・不動産事業者団体、指定流通機構
3)不動産取引の付帯・関連業務における金融機関、司法書士、土地家屋調査士、不動産管理業者
4)保険会社、内装リフォーム会社 等
【提供される個人情報の項目】
お客様の氏名、住所、電話番号、Eメールアドレス、物件情報、成約情報等、上記の利用目的の達成に必要な範囲の項目
【個人情報の第三者への提供の制限】
当社は、あらかじめお客様の事前の同意を得た場合を除き、個人情報を第三者に提供いたしません。
ただし、以下に該当する場合は、お客様の事前の同意を得ることなく、個人情報を第三者に提供できるものとします。
法令の定めに基づく場合
人の生命、身体または財産の保護のために必要であって、お客様の同意を得ることが困難である場合
国の機関若しくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、お客様の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
使用目的の達成に必要な範囲で、機密保持契約を締結している信頼できる業務委託先に対し、必要な範囲で開示する場合
【個人情報の共同利用について】
当社は、当社のグループ会社及び共同事業会社との間でお客様の個人情報、個人データを共同して利用致します。
・共同して利用する者の範囲
- 株式会社ファミリーコーポレーショングループ会社
- 株式会社ファミリーコーポレーション
- 株式会社ファミリーエージェント
- Family International Realty LLC - Family Los Angeles Realty, INC.

・共同して利用する個人情報(個人データの項目)
お客様の氏名、ご住所、お電話番号、Eメールアドレス、物件情報、成約情報等、上記の利用目的の達成に必要な範囲の個人情報、個人データの項目

※グループ会社は将来、新設・統廃合等により変更される場合があります。
※グループ会社の再編(合併、分社化)に伴い、お客様個人情報データの移転が発生する場合があります。予めご了承下さい。
※お客様の個人情報はグループ会社以外に共同利用する場合は、別途必要な措置を講じます。
【個人情報の第三者への委託について】
当社は、業務を円滑に進める等の理由で、お客様の個人情報について外部業者に取扱を委託する場合があります。この場合には個人情報の保護に十分な水準を備えている委託先を選定し、漏洩や再提供を防止するために契約による義務付け等の方法により適切な管理を実施致します。
【個人情報の更新、利用の停止】
1. 当社からお客様に送付するサービス、商品のご案内やその他の通知について、お客様が送付の停止を希望される場合は、当該通知発行部署または個人情報取扱部署までご連絡下さい。
2. お客様が当社に対し、当社が保有しているお客様の個人情報の開示及び個人情報の訂正、追加または削除を請求される場合は、個人情報取扱部署に対し、書面または電子メールによりご請求下さい。
なお、この場合、当社は、請求者に対して、請求者が請求の対象である個人情報に係るお客様本人であることを確認するため、当該確認に必要な書類等の提示を求めるものとします。
【ウェブサイトご利用について】
アクセスログファイルについて
当社は、当ウェブサイトの利用者の動向を調査するために、アクセスログファイル及び画像ファイル(cleargif)を使用しています。これにより、当社は、IPアドレス、ドメイン名、リファラー情報等についての統計的なサイト利用情報を得ることが出来ますが、個人情報の収集・解析の為に利用することはありません。
リンクについて
当ウェブサイトはいくつかの外部サイトへのリンクを含みますが、個人情報を共有するものではありません。リンク先ウェブサイトにて行われる個人情報の収集に関しては当社では一切責任を負えませんので、リンク先ウェブサイトのプライバシーステートメントを必ずご参照下さい。
当ウェブサイトのセキュリティについて
お客様の個人情報をご登録頂くにあたり、SSL と呼ばれる特殊暗号化通信技術を使用し、また、ファイアーウォールというセキュリティシステムで保護された専用のサーバーで管理するなどして、外部からの不正アクセスや情報の漏洩防止の対策に最善を尽くしています。
プライバシーステートメントの更新について
このプライバシーステートメントの内容を更新する場合があります。更新する場合は、当ウェブサイトに掲載します。更新日に関しては当ページ内に記載していますので定期的にご確認下さいますようお願い申し上げます。また、内容に重要な変更があった場合は Web サイト上でお客様に通知します。個人情報の利用目的の追加や変更があった場合、お客様に選択権があります。
【ご連絡先】
個人情報取扱部署連絡先
株式会社ファミリーコーポレーション
〒104-0061 東京都中央区銀座 6-10-1 GINZA SIX 11F